化粧スレート施工の屋根で雨漏りした場合の対処法

化粧スレート施工の屋根は、定期的な点検と補修を行ない続けると、長持ちします。

見た目が美しく、耐久性も優れていますし、なによりも軽量なのが魅力です。地震が発生したときに、屋根の重さが原因で建物が倒壊するような心配が、ほとんどありません。化粧スレートは粘土板が基材で、薄く作られているのが特徴です。基本的にスレートは激しい温度差に弱く、耐久性が優れているのと同時に、縦割れ現象が発生しやすい素材です。重要なのは縦割れしたら早期発見をして、適切に補修工事をすることです。

スレートの縦割れ現象は、雨漏りの原因になります。縦割れそのものは、最初は危険ではありません。激しい温度差で縦割れしても、防水コーキング剤で補修工事を行えば、問題なく使用し続けられるからです。防水コーキング剤で補修された化粧スレートは、雨水を通しません。化粧スレートそのものの耐久性は維持されますし、防水性も維持されています。補修工事を繰り返しても雨漏りが再発する場合は、化粧スレートの下地で問題が発生している場合があります。

化粧スレートを取り外して、下地をチェックすると分かります。化粧スレートが耐久性が高くても、縦割れしてしまった箇所から雨水が入り込んで、下地の木材が腐食していると、カビが繁殖する原因になります。化粧スレート施工の屋根から雨漏りしてきたときに、最初は無色透明でも濁って色が付着するようになると、下地の木材の腐食が振興している可能性が高くなります。縦割れ現象は実際に屋根に登らないと発見できませんので、できるだけ定期的に工務店に点検してもらうと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *