屋根を葺き替えして雨漏りを修繕

木造建築は柱と梁が耐久性が高いのですが、屋根や外壁は経年劣化します。

適切な時期にリフォームをするのが理想的です。築年数が20年を越えている木造建築の一戸建てて、屋根のリフォームを未実施であれば、葺き替えを検討すると良いでしょう。雨漏りが発生している場合に効果的ですし、現在は雨漏りしていなくても過去に修理を依頼したことがある場合も効果的です。屋根の葺き替えのポイントは、下地も整えられるメリットがある点です。

表面的に亀裂を補修するだけであれば、防水シーリング剤の塗布だけで完了させられますが、雨漏りで濡れてしまった下地や天井裏のダメージは改善できません。下地が整えられると、葺き替え効果も高まりますし、耐久性が回復されます。雨漏りした過去があるのなら、どの場所だったのかを工務店に教えてから施工してもらいましょう。傷みやすい箇所は、自然環境の影響の場合が多いので、過去に雨水が流れ込んだ場所は重点的に防水施工してもらえます。

新しい屋根材を選ぶことも可能になりますので、耐久性だけでなく、撥水性や耐熱性にも配慮してみましょう。紫外線による劣化が激しいと診断されている場合は、遮熱性の塗料を選ぶと効果的です。雨漏りの修繕は、防水シーリング剤の塗布だけでは応急処置になりがちですが、葺き替えを施工すれば新築同様の防水性と耐久性に改善できます。最新の技術を反映させられるので、リフォーム効果も大きいです。屋根だけでなく外壁も同じ塗装にしてもらうと、なお効果的です。
水漏れとつまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *