屋根の雨漏りを再塗装で修繕するコツ

屋根で雨漏りが発生してしまい、葺き替えする予算がないときは、防水コーキングと再塗装で雨漏りを修繕すると良いでしょう。

木造建築の一戸建ては、定期メンテナンスを心がけるのが理想的です。定期メンテナンスで重要なのは、実際に工事を施工するかどうかではなく、どこが、どのように劣化しているのかを把握できる点です。どのように劣化しているのかを把握していると、リフォームに最適な時期が分かりますし、何か問題が発生したときに原因を推測しやすくなります。屋根から雨漏りした場合は、隙間と孔を埋める修繕方法で対処できます。埋めるのに使用するのはコーキング剤です。

コーキング剤は安価なものも多いのですが、屋根に施工するときは防水性の備わっているタイプを選びます。コーキングは接着剤ですから、水溶性のタイプは安価ですが雨で溶けてしまいますので不適格です。屋根を葺き替えしないのであれば、応急処置であっても丁寧に補修してもらうのがポイントです。雨漏りの原因になっている隙間と孔を防水コーキングで施工し、コーキング剤が乾燥したのを確認してから再塗装すると長持ちします。

コーキング剤は決して耐久性に優れているわけではないのですが、コーキングの表面を含めて再塗装すると、塗膜で保護されます。耐久性の高い塗料を選ぶのは当然ですが、防水性だけでなく耐熱性にも注目しましょう。塗膜に耐熱性が備わると、塗膜による保護効果も高くなり、防水コーキング剤が太陽光の熱で溶けにくくなり、長持ちするようになります。
福岡の浴槽つまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *