トタン屋根に孔が開いて雨漏りしたら

トタン屋根は鋼板が基材になっているので耐久性は高く、腐食にも強いです。

難点は鋼板そのものが薄い点です。腐食が原因の孔は開きにくいのですが、激しい温度差による品質の劣化が誘発する孔が開いてしまう場合があります。中古物件の一戸建ての場合は、屋根塗装と外壁塗装をリフォームしないまま売買される場合が多く、要リフォームと指摘されて取引されている不動産物件は屋根が傷んでいる場合が多いです。傷んでいるだけではなく、実際に雨漏りが発生している場合も多いです。

中古物件の最大の魅力はお手頃価格で購入できる点にありますので、良質の一戸建てであればトタン屋根をリフォームすると良いでしょう。まずはコーキングで孔を埋めてもらいます。孔を埋めておくことで、実際に葺き替え工事が着工されるまでの期間に雨水が建物の内部に入らないようにできます。雨漏りの被害は、一日でも少ないほうが建物の内部構造を傷めません。トタン屋根は薄く、断熱性能が弱いです。

直射日光の熱が天井裏にもダイレクトに伝わりやすいので、天井裏は乾燥しやすい空間で維持されています。リフォームを前提にするならば、トタンの下は乾燥しやすいので衛生的な環境で維持されている場合が多いです。古いトタンを除去したときに、骨組みの部材の調査をしてもらいましょう。腐敗している箇所が見つかれば交換します。貫材と呼ばれている木材は、新規交換しても低価格で済みます。トタンからガルバリウム鋼板に新規交換で葺き替えすると、雨漏りしにくくなりますので、中古物件でも寿命を長くできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *