雨漏り修理が補償される保険とは

住宅の火災や落雷、風災、水災などの自然災害、盗難、爆発などの事故などの補償を受けることが出来るのが、火災保険です。

実は、風災による屋根の破損などが原因で雨漏りが生じた場合も火災保険で補償を受けることが出来ますので、屋根の修理費用を自己負担する必要がなくなる可能性があるのです。しかし、雨漏りが補償の対象となるかどうかは加入している保険の補償範囲によって異なります。特約を付けないことにより、費用を抑えることが出来るというメリットがありますが、いざ補償を受けようとした時に受けることが出来ないということにもなりかねませんので、契約をする時には、その内容をしっかりと確認することが大切になります。

また、補償を受けることが出来る期間も契約によって異なります。一般的には、短期契約をするよりも長期契約をしたほうが費用を安く抑えることが出来ます。雨漏りは、様々な要因で発生するものです。住宅を建ててから時間が経過しているという場合、老朽化によって雨漏りが発生するということも十分に考えられます。

当たり前のことですが、そのような建物の劣化により発生したトラブルについては、補償を受けることは出来ませんので、注意が必要となります。火災保険を提供している会社は一つではありません。それぞれの会社で費用や補償内容は異なりますので、希望する補償を明確にした上で、自身の希望に合うものを選ぶようにすることが大切になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *