一刻でも早く直したい、トイレつまりや水漏れの解決は

水漏れやつまりなどのトイレのトラブルは、自分で修理ができるか、業者に依頼する必要があるのかをしっかり見極めることが大切です。

汚水があふれてくるような状況を放置すれば、汚れや悪臭で日常生活に支障がでてしまうでしょう。トイレつまりや水漏れが発生したときには、どこから漏れているのか、そして原因をしっかり確認する必要があります。排水管に異常があるときは、水の勢いが弱く汚物が流れない水圧不足や逆流などがおこります。給水管やパイプからポタポタと水が垂れたり、トイレの床が濡れるときは便器の設置不良やパイプの経年劣化が疑われます。

温水洗浄便座の温水のノズル部分や、便座の脇から漏れるケースも多いのです。チョロチョロとも水が止まらないような症状は、トイレタンク内に何らかの異常が考えられるのです。主な原因は、異物の流入やパッキンや部品の劣化などです。給水管などのパイプ類からのもれであれば、部品交換などで自力での修理が可能です。しかし、どうしても原因が分からなかったり、自分では対応できないケースもあるでしょう。トイレつまりや水漏れの原因が全く分からないとき、または水が止まらないような状況であれば一刻でも早く、専門の業者に連絡することをおすすめします。

とはいえ、悪徳業者を選んで高額な修理料金を請求されてはたまりません。安心なのは、水道局発行の指定番号を持っている業者です。水道局に電話をすれば、最寄りの指定工事店が確認できます。いざというときのために、事前に指定工事店を確認して、連絡先をひかえておくのが良いでしょう。
トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *