トイレトラブルのつまりや漏れの原因について

トイレは使っている中で、水が流れなくなるもしくは流れが悪くなる現象が生じることがあり、水の流れが悪くなる理由は内部につまりが生じている、完全に流れなくなる理由は、異物が流れを止めているなどが挙げられます。

便器に捨てて良いものは、水に溶けて流れるものだけ、排泄物や専用のペーパーなどだけです。仮に、紙おむつや生理用品を捨ててタンクレバーを回せば、たちまち流れが悪くなる、最悪の場合は完全につまりが起きてしまい、便器から水が溢れてしまうこともあるので注意しなければなりません。紙おむつもしくは生理用品はそれぞれに共通点があります。その共通点は水分を吸収させる性質を持つことです。

便器の中には大量の水がありますので、この水を吸い込んでしまうと重量自体も重くなる、タンクからの水だけでは押し流すことができなくなるわけです。そのため、紙おむつや生理用品はトイレで流してはならないものだと覚えておきましょう。つまりが起きた時には水を流すことができなくなりますが、水漏れなどの場合は止水栓を閉じておくことで一時的な応急処置になります。

一方、トイレタンクからの水漏れは部品が劣化したことで起きることもあれば、タンク内部の部品が機能をしていないなどの理由で、便器への水漏れが続いてしまうなどの特徴を持ちます。タンクから便器に流れる水量が多いので、タンク内部に瓶を沈めて水量調整を行う人も多いのではないでしょうか。瓶などを沈めておくと、内部の部品への悪影響が起きることもあるので取り出しておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *