自宅で可能な水漏れ修理の事例と専門会社の利用範囲

自宅で水漏れが発生してしまった際には、自力解決する方法もあります。

可能な範囲は限定されてしまいますが、最も多い蛇口から水漏れが起きている場合、修理はパッキン交換で済ませられる事例が殆どです。蛇口の構造さえ知れば工具で作業をすると意外と簡単にパッキン交換は行えます。問題が出てしまう修理内容では、給水管や排水管の水漏れです。

事例の中にはキッチンのシンク台下の排水パイプや洗面台下の排水パイプなどが該当していて、パイプが樹脂で作られている場合は劣化により穴が開いてしまうことも珍しくはありません。この状態であればパテを用いて修理する方法もあり、ホームセンターでは耐水性に優れたパテが販売されており、金属用のパテでも代用可能です。粘度状のパテであれば簡単に穴や亀裂を塞ぐことはでき、水漏れをストップさせることはできます。

給水管の場合は金属で作られていることが多いので、普通の方法では加工や修理は素人では難しい範囲です。しかし漏れている場所を見つけた際に小さな穴などが原因となっている場合では、金属用のパテで穴と周囲を完全に塞ぐ方法と、修理用として販売されている自己融着テープを巻き付けるだけで直せる場合もあります。

この範囲を超えた水漏れの現象では自宅で解決することは難しいことが殆どなので、その際には専門会社に任せることでもちろん完璧に直してもらうことができます。専門会社の中には水道管の交換作業まで対応している会社もあるので、蛇口周り以外でも問題はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *