水のトラブルは応急対応と修理の二段階

キッチンやおふろ、トイレなど水を使う場所を総称して水回りと呼びますが、水のトラブルといった場合は梅雨時の雨漏りのような住宅設備の問題ではなく、水回りを言うことが一般的です。

水のトラブルの原因は洩れるか詰まるかの二種類に分類することができますが、詰まった結果逆流してあふれたり洩れるなど、一つの原因がほかのトラブルをひき起こすこともあります。水の特徴として、物が通れないような小さな隙間も通ることや、木材や布などの素材によっては浸透すること、そして高いところから低いところに流れるなどがあげられます。そのため、水のトラブルは目に見える場所で起こることだけでなく、床下や壁の内側など、目に見えない場所で長期間にわたって進行することも少なくありません。

目に見えないトラブルを予測して対処することはできませんが、漏水やつまりなどが目に見える出来事として起こったときは、応急処置としては水漏れ箇所をふさいだり濡れた場所をふき取るなどはもちろん、それを機会にほかにも問題がないか確認することが大切です。

たとえば、水が完全に詰まってはいないけど水道管に毛やほこりなどが蓄積して細くなっている場合には、時間がたつと水がなくなっているものの、水を流しっぱなしにしていると排水スピードよりも増加の方が早くて水が徐々に増える場合があります。これを放置すると症状が悪化してしまうので、目に見える問題が起きたときは問題を正確に把握するチャンスです。応急処置として漏水を止めたり、排水が済んでもそこで満足せず、専門業者による点検が効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *