水漏れ修理依頼の前にまず元栓を閉める

水漏れのトラブルが起きると、どうしていいのか分からず激しくうろたえてしまいがちです。

ここで、いきなり修理業者に電話をする人もいますが、それはあまり賢明な方法ではありません。水漏れが起こった場合は、まず水の元栓を止めるのが先決です。元栓さえ止めてしまえば、水漏れは必ず止まるはずです。ただ、元栓がどこにあるのか分からないとお手上げ状態になってしまうので、普段から元栓がどこにあるのかくらいはきちんと把握しておきましょう。

それさえ分かっていれば、何も恐れる必要はありません。元栓を閉めてとりあえず漏れが止まったら、修理業者に連絡して漏れている箇所をなおしてもらいましょう。この時、懇意にしている修理業者があるのなら、そこに依頼すればいいですが、水のトラブルが初めての経験で、どこの業者に依頼していいのか分からないという場合は、複数の業者に相見積りを出して比較検討するのがおすすめです。相見積りをすることで、修理費用の相場がわかりますし、ぼったくり業者にひっかかる可能性も低くなります。

業者に見積りをお願いする際は、見積りを無料でやってくれるのかを事前にチェックしておかなければいけません。業者によっては見積りだけでも料金がかかる場合があり、そんな業者に何社も見積りを依頼していたら、費用がかさんで損です。業者のホームページなどにちゃんと「見積り無料」「出張無料」と書いてあると安心です。書いていない場合は、料金を取られる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *