トイレの水漏れの修理は意外と簡単かもしれません

水栓タンク付きのトイレの場合、長年にわたって使い続けていると劣化してしまい、後に水漏れしてしまうことは避けることは困難です。

修理を自主的に行ってみたい方は、まずは水栓タンクの上の蓋を外すことです。蓋を外して内部をチェックすると、殆どのケースで原因を把握できます。最初にチェックしたいことは、ゴムフロートの状態です。一番底に設置されている黒色でカップ状のゴムですが、これはレバーと連動しており、ゴムの隙間に異物が挟まっている場合は不具合が出ます。手で触れてみて確認することができます。

次に浮き球です。通常は白色のプラ製で作られているものですが、浮き球に穴が開いていたり、周囲と干渉している場合は、水漏れの原因になります。ゴムと浮き球が原因の場合は、同タイプのものと交換する方法で修理できるので、非常に簡単です。オーバーフロー管もチェックしたいパーツです。底面から上へと垂直に立てられている管ですが、殆どの機種で水位の目印が示されています。

その水位の範囲内であれば問題はありませんが、常に水位が高くなっている際には、原因はボールタップにあると判断することが一般的です。ボールタップは調整ネジというものが付けられているので、調整を上手く行うことで水位を下げることができます。この方法で水漏れの修理ができないという場合では、ボールタップ自体が既に耐用年数を超えているとも判断できるので、同機種のものに交換することで修理を終わらせられます。これらの各パーツはホームセンターで取扱いをしているので、簡単に入手できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *