屋外の水漏れ修理は意外な方法も使えます

一軒家の多くに屋外に立ち水栓があり、屋外で水を使うシーンでは活躍をしています。

古いタイプの場合は、地面から水道管がそのまま垂直に立てられていることが多く、先端にシングルタイプの蛇口が付いていることが一般的です。老朽化してしまうと、蛇口から水漏れを起こしてしまうことがあり、屋外に長年設置されているものであれば、蛇口を新品に交換することで修理を済ませられます。一方で立ち水栓で起きてしまう水漏れの現象では、水道管に穴が開いてしまうことで引き起こされることも決して少なくありません。常に裸の状態で設置されているものなので、自然劣化で穴が開いてしまうことは避けることが難しいとも判断できます。

水道管に穴が開いてしまった際には、本来の修理方法は水道管を新しくする方法です。専門会社に依頼すると交換作業を行えますが、立ち水栓の場合は地中に埋まっている埋設管から接続されているので、穴を掘る作業が必要です。そのため、どうしても料金は割高になってしまいますが、実際には意外な方法でも修理することは可能です。

水漏れ修理の専門会社以外では、一般的な修理工場に依頼する方法があり、穴が開いている箇所を溶接するという技法です。保険的な意味合いで溶接してもらう範囲を広げておくと、長期間にわたって穴の開きにくい状態にすることができます。環境次第では溶接の方が安上がりになるという事例もありますが、ここで注意したいことは新しい立ち水栓はカバー付きで見栄えの良いものを採用しているので、この機会に新品に変えることも間違いではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *