水のトラブルを自己解決する方法

蛇口から水漏れがある・ハンドルが硬くて回せないといった水回りのトラブルはどなたでも経験していることでしょう。

昨今は水のトラブルに対応している会社が多く、困った時はすぐに頼ることが出来ます。しかし、このトラブル解決には意外と高い費用が必要で、経済的な負担が重くのしかかります。生活には欠かすことが出来ない水のトラブルを、自己解決出来れば経済的負担の解消だけでなく、生活の知恵も身に付いて一石二鳥といえます。水のトラブルを自己解決するには、日頃から修理に必要な道具と部品を揃えることから始めましょう。これらはホームセンターですべて販売されているので、簡単に手に入れられます。

必ず持っておきたい道具は、ドライバー・プライヤー・モンキーの3点です。部品は水栓パッキンと防水テープで、水栓パッキンは「16水栓」と書かれているものを購入します。この「16水栓」とは、一般家庭で使用されている蛇口の寸法のことです。蛇口の水漏れの場合は、ハンドルと蛇口の間に入っているパッキンが劣化していることが原因に挙げられます。

交換する方法は、蛇口の上に備わっているナットをモンキーを使用して反時計回りに回します。すると水栓本体から蛇口が取れるので、あとは古いパッキンを新しいものに取り替えたら水漏れは止まります。ハンドルが硬い時は、プライヤーで締まり具合いを緩めるだけで快適に使えるように調整出来ます。水のトラブルを直すのは実はとっても簡単です。力も必要ないので女性でもおこなえるので、自己解決のスキルを身に付けておいても損はしないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *